中古車査定のお得情報
中古車査定なび

中古車査定の基礎やポイント,手続きの流れ,豆知識,新車購入の値引き交渉術までを紹介

オイルに関して
エンジンオイルは人間で言えば血液のような物です。

ガソリンエンジンオイルについては新油との比較をすれば、
ある程度の劣化度合は把握できますが、
あくまでも目安に過ぎません。

また、ディーゼルエンジンオイルは
すぐに、黒く汚れるため劣化度合いの把握の目安にもなりません。
このように、オイル劣化を判断することは
黒さや汚れからでは難しいため
メーカーが指示する時期に交換を行うのがいいでしょう。

よくガソリンスタンドで点検をすると、
「これだけ汚れています」と言われますが、
「目安」にしか過ぎないということです。

エンジンオイルのメンテナンスを怠ると、
オイル内に蓄積された金属摩耗粉などの不純物が研磨剤となり、
ピストンやシリンダなどの摩耗を促進し、
最終的に圧縮圧力が低下し出力不足になるといわれています。

また、オイル粘度も大きくなり摩擦損失が増加し、
エンジン始動性不良や燃費悪化につながります。

最悪は焼き付きを起こし
エンジン破損にもつながりますので、
怠らないように心掛けましょう。

UP▲

~TOPへ


Copy right(C)
中古車査定なび
All Rights Reserved.